「メモ」カテゴリーアーカイブ

サイト止まってましたね^^;

ノリでSSLを試した日から今日の朝ぐらいまでサイトが見れない状態になってました。

僕が無料レンタルサーバーとして借りている家Tサーバーは、大元のレンタルサービスを利用していて、家Tサーバー全体に対してDDOS攻撃をくらったため、家Tサーバー全体で利用を停止させられていました…
詳しくはこちらこちら

言っちゃえば、DDOSしたやつのせいで家Tサーバーのサービスが止まって、いろんなサイトが止まってました

ほんと、誰やったんだよ…
(ちょっとこのサーバーでやっていこうか考えましたが、無料でこれだけ提供してくれるのはここぐらいなのでw)

まぁ、こんなこともあり得ますが、これからもよろしくです

テストでSSL化

皆さんはSSL知ってますか?

URLに鍵マークとか緑色に変化するあれです。Google先生とかごっちゃんサーバのURLもそうです

SSLは通常通販サイトとかでIDやパスワード、クレジットカードの番号とか漏れちゃったら大変になる情報を暗号化して、外部に漏らさないための技術です。バージョンがあってSSLv1~Lv3,TLS1.0~1.2まであり、SSLは脆弱性があるので使われないようになっています。TLSはSSLをもとに作られたものなのでSSL/TLSとか表現することが多いみたいですが、ここではSSLとします( 一一)

SSLを利用するためには

  • 有料で提供されているものを使う
  • 自分で作る

の、どちらかを使うのが主流でしたが新たに

  • 無料で提供されているものを使う

が選べるようになりました。
この、無料のSSLを利用したサイトの一つにごっちゃんサーバがあります。

SSLを使うと魚拓みたいなコピーサイトとは明らかに違いますし、メールホームとかで安心に使ってもらえます。

テストで私の独自ドメインzinntikumugai.xyzをSSLにしてみました

今後、ほか2サイトを移行できたらなぁとか考えていますけど、WordPressを移行するのが一番大変かもしれませんw

この無料SSL、無料で登録できて便利なのですが、3ヶ月更新(手動)なので更新をすっぽかすと、
安全じゃないサイトとして表示されていしまうのと、
サイトのURLにSSLではないURLがあると暗号化されていないスクリプトを読み込みますか?みたいに
ブラウザが拒否しちゃうので、移行の時は頑張りましょう//

一応対応策があって
通常URLは

http://○○.○/
https://○○.○/

となりますが、ここを

//○○.○/

としても一部のブラウザ(XPのころのブラウザ等)を除けば正常にURLとして認識してくれます。

それにしても、独自SSLを持ち込める家Tサーバーは便利!
(独自SSLとは、独自ドメインに対して作るSSL、みんなで使うSSLは共有SSL)

メタ情報削ってやるで~

それでは解説?をしていきます(^▽^)

簡単に説明しますと、

  1. 子テーマとやらを作る
  2. デフォルトのコードをパクる
  3. デフォルトのコードのパクりを編集
  4. 子テーマに適用

な感じです(超雑)
子テーマに関してはこちらを参照してください(丸投げ)

デフォルトのメタ情報を出力している部分をコピります

FTPソフトで

/wp-includes/default-widgets.php

を開くと、ぜいたくにメタ情報はこれを開いて使ってるぜと教えてくれます
私の環境では

require_once( ABSPATH . WPINC . ‘/widgets/class-wp-widget-meta.php’ );

でした。
今度はこのファイルを開きます、相対パスになっているので

/wp-includes/widgets/class-wp-widget-meta.php

を開きます。
そしてCtrl+Aで全選択、Ctrl+Cでコピーをします
メモ帳などのテキストエディダに貼り付け
はい、コピペ完了

いらないところを消します
お好みですが、私はWordPressのURLを消したいだけなので、Powerd by WordPressと書かれているあたりをごっそり消します
ごっそり消したで
たぶんこんな感じになると思います。

さらに、デフォルトのものとダブってしまうと困るので、
class WP_Widget_Meta extends WP_Widget {
のWP_Widget_Metaの部分のみ適当に変えます(例:Zin_Widiget_Meta)

このままでは、ウィジェット選択画面でデフォルトのメタ情報と区別がつかないので、表示名を変えます。ただ、ほかの言語になっても同じ表示になります

public function __construct() {
$widget_ops = array(
‘classname’ => ‘widget_meta’,
‘description’ => __( ‘Login, RSS, & WordPress.org links.’ ),
‘customize_selective_refresh’ => true,
);
parent::__construct( ‘meta’, __( ‘Meta’ ), $widget_ops );
}

function __construct() {
$widget_ops = array(
‘classname’ => ‘widget_meta’,
‘description’ => __( ‘Login, RSS’ ),
‘customize_selective_refresh’ => true,
);
parent::__construct( false, ‘人畜無害のメタ情報’ , $widget_ops );
}

な感じに変えます
最後に、一番最後の行に

add_action(‘widgets_init’, create_function(”, ‘return register_widget(“Zin_Widiget_Meta”);’));

と、追加します(Zin_Widiget_Metaのところを各自で変更してください)

あとは、子テーマのfunctions.phpに追記する形で保存して、アップロードしてください。
外見->ウィジェットに表示されば成功です(/・ω・)/ナガカッタ

まとめ、

はじめ、私が参考にしようとしたところは完全に書き直しており、いらないであろう部分も消されていて、正直どう変更したのかわかりませんでした。
なので強引にコピったりしてやりました。もとはデフォルトのものなので同じような仕上がりになります。

参考になればうれしいです^^;

Webサーバーを変えたよ~

以前はxdomainの無料レンタルサーバースペースを使っていたのでスマホ、タブレットの人は広告が入っていましたが

今日、なんと

家Tサーバーに変えました!!

無料で4G(web:2G, mail:2G)も使えて、おまけに広告がない!!

もうめっちゃうれしいw(?)

Google先生のWebサイトチェッカーみたいので広告のスクリプトが遅くしていますとか、言われちゃってたもんでめっちゃ気になってたんだよね~

その他の管理できる項目がめっちゃ増えたのでいろいろできそう

ただ、移行する際に、ミスとかあったりしてリンクがおかしい、2重になってる等々ありましたら教えてください^^;

サーバーの投票を忘れないために

みなさんはちゃんと投票していますか?
こちらのページにある「投票」ボタン->ロボットでないことを確認->投票ボタンを押すことで投票が完了します。

投票することで5000ウォンもらうことができて、これだけで宝くじ10枚分です
パンとか結構買えますよ~

そんでもって前回の投票から23時間後次の投票ができるので、毎日そこそこの収入になりますw

ただ、毎日同じ時間帯にすることって結構忘れがちじゃないでしょうか?

私はSonyのスマートコネクトをお勧めします

これはスマホアプリで何かをした(充電器を接続した)時やある時間になったら指定したことをできます

私はPM8:00になったら投票画面を開くようにしています

ほかにもAM7:00になったらマナーモード(音量を最低)にすることもできます
かなり便利なアプリなので試してみてください(*’▽’)

TeamSpeakの録音設定

TSの設定で掲示板に書いたことあったけど流れちゃってるからもう一回まとめてみる

Windows 10で&日本語化済み

TSのデフォルトはエコーキャンセル系がなくて自動で音量を調整しているから、環境によってエコー入りまくったり、ノートPC内臓のマイクでも聞きやすかったり、ノイズが入りまくったりする。

ノートPC内臓マイクを使っている人からすればいいともうかもしれないが、ほかの人が聞いているとノイズがひどかったりめっちゃ自分の声が返ってきたりと迷惑なので設定を変更する

設定->オプションを開く
オプションウインドウが出たら左のメニューから録音をクリック

まぁここまでは開くだけw

まず、録音方式について

TSは録音するときに自動認識とあるキーを押している間録音するプッシュ・トゥ・トーク、常に録音がある。

通常は前の2つかな(BOTとかは常に送信が多い)

周りの音が大きいとか、親が話しかけてくるとかならプッシュ・トゥ・トークがいいかもしれない。(ただ、慣れるのが大変だけどね)

次に重要なのは下のほうにあるチェックボックス
エコー低減、エコーキャンセル、高度なオプション

エコー低減は自分がしゃべっている間ほかの人の音量を下げてエコーを防ぐ機能だけど正直聞きずらくなることが多いのでなくてもいいかも

エコーキャンセルはマイクで拾った音からほかの人のしゃべった音を消す機能
これは逆につけてほしい
大体のエコーが消えてくれる

高度なオプションをオンにすることで いくつか項目が出てくれる
高度なぷしょんの中に
プッシュ・トゥ・トークを使用中に音声有効検出する、ノイズ除去を有効にする、入力音量を自動的に制御する、プッシュ・トゥ・トークを話したときの延長
がある

プッシュ・トゥ・トークを使用中に音声有効検出する
これはプッシュ・トゥ・トークと自動認識を合わせたもの、デフォルトでCtrlに割り当てられているけどコピーするときやマイクラでダッシュするときに音が入ってしまう。付けていてもいいかもしれない

ノイズ除去を有効にする
エコーキャンセル同様入れたほうがいい。マイクのノイズがかなり除去される

入力音量を自動的に制御する
これは絶対に外してほしい
なぜならしゃべってないけどPCの音がちょこっとだけマイクが拾うと、TSが聞きやすいようにしようとして、音を大きくしてしまう。よってのほかの人にめちゃくちゃでかい雑音を広めてしまう
ノートPCの人は音を聞きやすい音量にしてくれて便利な分、ノイズ除去しきれなかったノイズをばらまくことになってしまう。

プッシュ・トゥ・トークを話したときの延長
使ったことがないからわからない
最後のほうが切れちゃう時にいいのかな?

エコー低減をオンにすると削る音量を調整できる

まとめると
エコーキャンセルと高度なオプションにチェックを入れて
高度なオプションのノイズ除去を有効にするをチェックを入れる
それ以外は全部チェックを外す
かな

TeamSpeakSetting